赤ちゃんと.tokyo

2016年末に女の子を出産し、現在初めての赤ちゃんとの日々を送っています。このブログは妊娠が分かってから書き始め、自分が体験した事などを綴っています。

妊娠初期症状

      2017/09/26


つい最近妊娠が分かったばかりのkoromiです:smile:

私が「これは妊娠」と気づくきっかけとなった症状や、あとから思えばこれも妊娠初期症状だったんだと言う「体の変化」を3つご紹介します。

SPONSORED LINK

①寒気

私の場合とにかく寒かったです!

3月頭でまだ寒くはありましたが、普段なら真冬でも、私は室内では薄着で、周りの人から「寒くないの?」と非常によく言われていました^^。 そんな私が寒くて寒くて、重ね着をしてうずくまっていました。

特に、手先足先が、今までの人生で経験した事がない冷たさ寒さでした。

その冷えが最高潮になった日(生理開始予定日から5日目)、帰りの電車でiPhoneから検索をしたら、寒気妊娠初期症状として紹介しているサイトをいくつか発見!確信を持って帰り道に薬局で妊娠検査薬ドゥーテストを買い、帰宅後すぐ検査。結果は陽性の2本線で、めでたく妊娠発覚となりました^^

この悪寒の原因は、私が参考にしたサイトによると、子宮やその周辺の胎盤を作る準備などで体のパワーが取られてしまうので、手先足先の血流が悪くなり冷えるんだと言う事でした。なるほどでした。

ちなみにドゥーテストのような妊娠検査薬は、生理予定日の1週間後でないと検査結果がでないと聞きます。私は生理予定日の5日後だったので、まだ出ないかもと思い、2本入りを買いました。結局1本しか使いませんでしたが、検査のタイミングもあるみたいです。

②微熱

熱っぽかったです。

子供がいる友人に、上記の「妊娠検査薬で陽性が出た事」を伝えたら「明日産婦人科に行くのよ!」と言われたので、言われるままに産婦人科に行きました。
妊娠検査薬だと、子宮外に妊娠しているか子宮内に妊娠しているか分からないそうです。なので、それだけでは、喜ぶのはまだ早いと。

産婦人科では、尿検査の後、超音波(お股を開いて膣に器具を入れます)の映像を見せてもらいます。無事「子宮内に妊娠していますね」「おめでとうございます!」と言われました。
7mm程の胎嚢と言われる赤ちゃんが入っている袋が、子宮内にあることを説明されました。この日もらった超音波写真が、赤ちゃんの写真の1枚目となりました。

又、先生にまず聞かれたのは「つわりはありますか?」ですが、私はその時、全く気持ち悪くありませんでした。(なので、よくドラマで見る、”ウッ”となって口を押えてトイレに駆け込んで、鏡を見て「これって妊娠?」みたいな流れは私はありませんでした~wちょっと憧れていたのですが。

そして「風邪をひいたような感じで、37度位の微熱が続きますが、それは妊娠の初期症状でみんななるものですので」とも説明されました。

確かに体温計で図ると37度あり、ぽわーっとした感じでした。

③生理前の様な鈍痛

生理になる1-2日前は、おなかの中ではもう生理がはじまっているのかな?と言うような、鈍痛と言うか下腹部の重さと言うか、ある方も多いのではないでしょうか?

私は生理は周期でぴったり来る方でしたので、生理予定日初日頃からこの生理前の鈍痛が始まり、確実に生理が来ると思っていました。なのに「血が出ないな~」って、毎日思っていました。ナプキンをして待ち構えているのに、とにかく血が出ない!

仕事のストレスで生理不順になってしまったのかと思っていました。(←勘違い…ストレスはないみたいですw)

妊娠生理と言って、妊娠しているのに血がちょっと出る事もあるみたいですよね。

まとめ

自分で妊娠したかどうかの判断はちょっと難しいですが、私の場合、明らかに体の変化が起こっているのを感じました。とにかく、いつもと違いました。体の中で何かが始まっているって言うことなんですよね。
妊娠初期症状は人によって違うみたいなので、とにかく自分の体調の変化に注目する事が重要だと思いました。

少しでもご参考になれば幸いです^^

関連コンテンツGoogle広告



最後まで読んでくださってありがとう♪ ブログランキング
twitterも話かけてくれると嬉しいです☺更新情報も送信中≫

 - 妊娠初期 , ,