赤ちゃんと.tokyo

2016年末に女の子を出産し、現在初めての赤ちゃんとの日々を送っています。このブログは妊娠が分かってから書き始め、自分が体験した事などを綴っています。

妊婦で夏風邪!病院の薬と自然治癒方法

      2016/07/31


妊娠22週4日目(妊娠6ヵ月/22w4d)のころみです☺︎

夏風邪ひいてしまいました!(´•̥ω•̥`) 5年は風邪をひいていない私が!!妊婦はやっぱり体が弱いのですね。今まで通りにはいかないです。

鼻が詰まるのが苦しくて、なんか心臓もバクバク落ち着かなくて(これも私の場合、妊婦になってから)、2日間眠れませんでした。鼻水が沢山出て、熱は37.4-5程度。時々くしゃみが出る感じです。

今はほぼ完治しました!妊婦の風邪は長引くと聞いていましたがほぼ3日で治せたので、その方法や病院でもらったお薬の事などをここにシェアさせて頂きますね!

SPONSORED LINK

妊婦になって夏風邪をひいてしまった!

スタートは、喉に傷ができちゃった感じで、悪化しないようにうがい薬で気を付けていました。が、2日程したら鼻水がスタートして風邪決定!OTL

妊婦は薬が飲めない

妊婦は風邪が長引く

なんて、良く聞きますよね(>_<)

実は、私は(明日)木曜日から4泊5日のグアム旅行の予定だったんです。

夫:「旅行は中止だ!キャンセル!」

と言い出しはじめ。。。私は、現地のエステやレストランなど手配を全部済ませていたのでキャンセルはしたくないなー(ノ_-。)と思い

私:「ホテルで大人しくするから~」

とすがったのですが、主人は全く聞く耳持たず。

夫:「じゃあ、水曜日迄に完全に治ったらね。熱があったら絶対にだめ。鼻水も止まっていること。」

私:「鼻水はちょっと。。。(難しいのでは)」

夫:「なら行かない。もう俺は8割行かない気分だからね。」

私:「分かった。治せばいいのね。。。」

治してやるぅ!と、月曜日に心に決めたのでした。

まずは薬なし民間療法

一番効いたと思ったのは、主人が作ってくれたのですが、

大根のしぼり汁+はちみつ

飲みづらいだろうと、冷やしてグラスで出してくれたのですが、結構すーっと飲めちゃいました。ちょっと無理があるかもですが、メロンの味にちょっと近いような。。。

あとは、一晩飲み続けたのは、

レモン+はちみつ+しょうが擦りおろし+お湯

水筒に入れ、ベッドサイドにも置いて飲んでいました。喉の痛みが取れます。上記の大根おろし+はちみつも喉の痛みが取れました。はちみつが良いのでしょうね。はちみつは免疫力も付くので、普段からもっと取り入れておいた方が良いと思いました。

ただ、要注意なのは、ショウガすりおろしはなかなか胃にきついので、入れすぎ注意です。私も途中、ちょっと胃が負けそうになりました。かなり入れて飲みまくっていたので!w ショウガは飲み過ぎ注意です。

あとは、

温かい野菜スープ

主人がポトフと、豚ショウガを作ってくれました。玉ねぎやじゃがいも、ニンジンがほろっと柔らかく煮込まれた温かいスープは、とても優しくて、食べやすかったです。

薬と言えば薬かもしれませんが、普段から愛用しているカエルマークのコルゲンのうがい薬をしまくりました。茶色いイソジンは苦手で、無色透明のこのコルゲンは洗面台も汚れないし、ハーブの香りなのでとても良いです。これを表から帰ったら必ずして、長年風邪をひいていなかったのですが。。。

産婦人科に電話をしました

まず月曜の夜に、かかっている産婦人科(大きい病院)に電話をしました。

私:「夏風邪をひいて、熱が37.5度あって、鼻水が止まらなくて。どうしたら良いか不安になってしまったので、お電話してしまいました」

助産師:「おなかは張りますか?出血はありますか?」

私:「ありません。明日そちらにお伺いした方が良いでしょうか?」

助産師:「いずれにしても内科になりますので、近所の内科医に診てもらえば大丈夫ですよ。おなかの張りや出血があれば、またすぐにご連絡下さい。」

私:「木曜日から旅行に行くのですが、大丈夫でしょうか?」

助産師:「どこに何泊ですか?」
「やはり、22週と言っても何があるか分かりませんし、行って大丈夫とはなかなか言えないですね。お気をつけて。」

そうですよね。。。

病院で薬をもらいました

妊娠して初めに行った、近所の産婦人科もある内科に行きました。

妊婦は薬を飲めないなんて聞いた事があったので、まず電話をしてみました。

私:「妊娠22週の妊婦ですが、夏風邪で(症状を伝える)、お薬は頂けますでしょうか?」

看護婦:「(先生に確認後)お薬出ますよ。気を付けていらしてください。」

病院で、先生に症状を伝え、喉も診てもらいました。

先生:「妊婦でも妊娠22週なら、基本的には普通のお薬を飲んでも大丈夫なんですよ。ただ、大事を取るなら飲まない方が望ましいという感じですね。」

「点鼻薬をすれば、だいぶ軽くなるので、寝れますよ。」

二日間、鼻が詰まって苦しくて寝れなかったことを伝えたので、鼻のお薬を重点的に頂きました。何しろ寝れないのが一番辛くて、だるさが風邪で来ているのか、寝不足できているのか分からないくらいでした。

うがい薬も出すか相談されたのですが、コルゲンの透明のうがい薬を使っていると伝えた所、それで大丈夫なので、良くうがいをするようにと言われ、処方はされませんでした。

これが今回処方して頂いた薬です。どのお薬も「妊婦または妊娠の可能性のある方はご相談下さい。」と書かれています。摂取しているサプリメントの種類も事前に聞かれました。
なので、勝手に市販の風邪薬を飲むのは危険と思います。必ず、医師薬剤師に処方してもらった方が良いです。

夏風邪妊婦が旅行に行っても良いか

私:「実は木曜日から旅行なのですが、キャンセルした方が良いでしょうか?」

先生:「どこへ?何泊?」(私答える)
「キャンセルしなくて大丈夫よ。悪化はしないでしょう。薬を持って行ってね。うがいをとにかくマメにすること。移動中はマスクをしてね。グアムなら日本と同じに医療を受けれますから。海外旅行保険は入ってね。気を付けて行ってらっしゃい。」

私:「妊婦でも海外旅行保険で医療受けれますか?」

先生:「”風邪”という事で、普通に保険で受けれますよ」

良かった~!!!
実際に診察してもらって、先生からOKも取れたので、安心して旅行に行けることになりました。

その後の夏風邪の経過

火曜日病院から帰り、点鼻薬と飲み薬をはじめました。

熱と頭痛(軽いのがありました)は、薬を飲むとすぐに止まりました。
先生がおっしゃる程熟睡がいきなり出来る事はありませんでしたがw、ほっとくと垂れてきた鼻水はとまりました。夜中に何度も起きては優しく鼻をかんで、うがい薬をしたり、口が乾くので飴を舐めたり水を飲んで又寝て、を繰り返しました。深く眠れたので、疲れはだいぶ取れました!
マスクをすると、口が乾かなくて良いです。付けられる方はできるだけマスクをして寝た方が良いです。私は寝苦しくて、結局取ってしまいました。取ると口が乾いて起きてしまうのですが。

本日水曜日、朝起きるとだいぶ鼻が通るようになりました。ほぼ完治です!!
まだ口が乾く感じがあるので、飴を買ってこようと思います(^^♪
今からも、ホットはちみつレモンとうがい薬など続けて、もっと治してから、明日出発したいと思います!^^

良かった~!!

ちなみに、おなかの赤ちゃんですが、風邪をひいてからも、お薬を飲んでからも、全く変わらず、胎動を頻繁にトントンさせて、元気です(^^♪

妊婦の夏風邪結論

とにかく早くお医者様に診て頂く事!!

当たり前でごめんなさい!でも今回、2-3日で治せたのは、早めの対処もありますが、はやりお医者様に相談したことかと思います。

薬を飲まない方法もあると思います。それでも先生と相談すると安心です。

心配性の主人も、先生が旅行に行って大丈夫と太鼓判をくれたら、すっごく安心してくれました。

関連コンテンツGoogle広告



最後まで読んでくださってありがとう♪ ブログランキング
twitterも話かけてくれると嬉しいです☺更新情報も送信中≫

 - 妊娠中・産後の体調不良 ,