帝王切開でもできる母乳の為のエクササイズを助産師に教わった

帝王切開母乳エクササイズ 妊娠後期

妊娠31週5日目(妊娠8ヶ月/31w5d)、出産まであと40日のころみです☺︎

私は聖路加国際病院で出産予定なのですが、先日の29週目の妊婦検診のあと、いつも通っている有料の母親学級とは別の母親学級(助産師外来)を受けました。
要は不安に思っていることなどはないか、細かく全て答えてくれてケアしてくれるサポートみたいなものでした。帝王切開の分娩の細かいスケジュールなども説明してくれました。

SPONSORED LINK

帝王切開はおっぱいマッサージをしてはいけない

聖路加国際病院は、基本的には母乳を推進しているとの事。

「母乳についてはどう考えているか?」
聞かれました。

私の考えとしては、
「できれば、出るならば母乳で育てたいとは思っています。ただ、母乳が出ることが想像できない」
と答えました。

帝王切開の場合はおっぱいマッサージをしてはいけないと母親学級で教わりました。この助産師さんにもそのことを確認しましたが、やはりそれは変わらず。帝王切開予定の人はおっぱいマッサージはしてはいけないそうです。

ただ、違う方法を教わりました(*^^*)シェアします!↓

帝王切開予定の人でもできる、母乳が出るようにするエクササイズ

母乳は血液から作られるもの。

肩甲骨の下のツボが凝っているとよくないので、肩を回したり、頭上に手をあげて”伸び”をしたり、背中のストレッチをすると母乳が出やすくなる

との事!

もしやりづらい場合には、家族などに肩甲骨の下のツボのマッサージをしてもらうのも良いそうです。家で難しいようなら、マタニティーのマッサージの店で施術を受けるのも良いとの事。

仕事を辞めてデスクワークから解放されて肩こりがなくなっていたのに、最近横を向いてでないと眠れなくなって、また肩こりや背中の凝りが復活していました。それを言ったら、なおさらこのストレッチをすぐに始めた方が良いと言われました。

凝りほぐしが、母乳の出につながるとは、勉強になりました!^^

12436288584_94d6bc46d2_b.jpg
聖路加の妊産婦向けマッサージサロンについてなども

コメント

タイトルとURLをコピーしました